page up

開催趣旨

日本は経済成長期の1964年に続き少子高齢社会である2020年にオリンピック・パラリンピックを開催します。この時代背景の違いは、オリンピック・パラリンピックの新しい意義を考える契機となります。オリンピック・パラリンピックが成功裏に開催されるために、大規模感染症の予防や、救急疾患の対応といった従来型の医療対策はこれまでに種々論じられてきました。この会議では、オリンピック・パラリンピックがすべての人々の健康にどのような良い効果をもたらすことが出来るかを論じ、未来に続くレガシーはどのようなものかを提言します。

開催詳細チラシ(pdf)